« 炎 もえる火 | トップページ | もっと紅く 蒲生干潟今年3回目 »

2010年1月15日 (金)

松焚祭 大崎八幡どんと焼き

「まつたきまつり」というそうです

Dsc_6584

裸参りは寒いほどご利益がありそう

Dsc_6590

Dsc_6602

Dsc_6642

Dsc_6474

伝統の行事には心惹かれるものがあります。

|

« 炎 もえる火 | トップページ | もっと紅く 蒲生干潟今年3回目 »

コメント

どんと祭,実家にいたときは毎年大きい荷物をもって行ってましたが,さすがに一人暮らしでは出すものもなく,行っていません。
小学生の頃など,夜に大きな火をみにでかけてたのが楽しかったなぁと思い出しました。

投稿: Kat | 2010年1月16日 (土) 14時27分

冬の裸祭、勇壮なんでしょうね。
大きな焚火であったまることができるんでしょうか。
こういうお祭りはTVでしか見たことがないです。一度実物を見てみたいです。

投稿: torotorotorori | 2010年1月16日 (土) 21時26分

Katさんのふるさとですね
初めて行きました、小さいころ行った行事は、大人になってからも特別の感情がわいてきますね。

torotorotororiさん
私はtororiさんがすっかり仙台付近の方と思っていました、行ったことがなかったんですね。

投稿: prisoner6 | 2010年1月19日 (火) 11時08分

実は、私も「仙臺伝統裸参り保存会」の付き人ですが
頭は裸参りで毎年参加していますよ。
参加しておりました。
私自身は、初めてだったのですが
伝統と仕来たりはやはりいいなぁと感じました。

投稿: あゆか | 2010年1月19日 (火) 17時59分

あゆかさん こんにちは
実は頭(失礼)が裸参りに参加しているのは
六軒丁のブログで知っていました。
裸参りどんなものかと出かけて見ました。

投稿: prisoner6 | 2010年1月20日 (水) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177266/47296294

この記事へのトラックバック一覧です: 松焚祭 大崎八幡どんと焼き:

« 炎 もえる火 | トップページ | もっと紅く 蒲生干潟今年3回目 »