« 雨シリーズ ぬれてもただおきないぞ | トップページ | 静かなり猪苗代湖 »

2012年11月14日 (水)

古代の木

久しぶりの長床

Fx8_4470

はるか昔からの銀杏の木

Fx8_4310

Fx8_4359

もう少ししたら地面を黄色に染めるでしょうか

Fx8_4469

数百年の昔と

1週間後の黄色いじゅうたんを想像しました

新宮熊野神社 長床

|

« 雨シリーズ ぬれてもただおきないぞ | トップページ | 静かなり猪苗代湖 »

コメント

被子植物が現在繁栄して何万種もあるのに
裸子植物はほとんど絶滅して数百種。
そのうちイチョウ科で唯一生き残ってるのはイチョウ一種だけなんだってこないだ習いました。
千万年単位の昔から変わらない化石的植物。
貴重な存在なんですね。

落ちた葉の一枚のアップもあるとひと目でイチョウとわかって、見る人に親切かもしれません。組写真のアクセントにもなるし。
偉そうなこと言ってすいません。

投稿: おーくま | 2012年11月14日 (水) 16時17分

おーくまさん
いつもこの神社の前に立つと
古代の物語を想像します
源頼義が戦勝祈願のために建てたのが起源だそうですが
私の先祖は征服されたほうなのか
南から移住してきた人だったのか
どちらにしても遠い昔のことではあります

投稿: prisoner6 | 2012年12月 6日 (木) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177266/56108627

この記事へのトラックバック一覧です: 古代の木:

« 雨シリーズ ぬれてもただおきないぞ | トップページ | 静かなり猪苗代湖 »