« 晴れ 多賀城あやめ祭り | トップページ | 明日はパン? »

2013年7月 2日 (火)

末の松山

末の松山 以前から気になっていました

Fx8_8688

多賀城市 住宅地の中のお寺にある小高い松の丘

Fx8_8693

行ってみれば ただの松の古木 静かな住宅地の中

松尾芭蕉もわざわざ尋ねたという 歌枕の地と思うと なんとなく感慨深い

平安時代ここは辺境の地 地の果てだったのでしょう


「君をおきて あだし心を わがもたば すゑの松山 浪もこえなむ」  古今集

「契きな かた身に袖を しぼりつゝ 末の松山 浪越さじとは」     清原元輔

「霞たつ 末の松山 ほのぼのと 波にはなるる 横雲の空」      藤原家隆


(古代の人が地の果てのロマンチックな場所と思って歌を作ったと思っていましたが 

最近は地震と津波の記録という説もあるようです)

|

« 晴れ 多賀城あやめ祭り | トップページ | 明日はパン? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177266/57711805

この記事へのトラックバック一覧です: 末の松山:

« 晴れ 多賀城あやめ祭り | トップページ | 明日はパン? »